中古車購入を成功させるための選び方のコツ!


修理歴の有無は要チェックポイント

中古車を選ぶときは、今までのオーナーがどのように車を利用していたか、見当がつかないので選び方に困ることはありませんか?そんな時は、修復歴がないかチェックしてみると良いです。修復歴というのは、車の骨組みの箇所の修理や板金、交換を行ったことがあるかということです。たとえば、車のフレームからピラー、ルーフパネルなどが修理されている車に多く見られる箇所になります。 これらは車の骨格となる箇所であり、車が安全に走るためには欠かせない構造部分になります。このような車の走行性能などに影響がある部分の修理歴があると、修理されている車だとしても安心はできないでしょう。中古車を購入する前は、修理歴の有無をチェックし、安定して走行できる車かということをしっかりと確認することが重要です。

中古車の相場価格を事前に調べる

中古車を買うときは、車の相場価格を調査して、お気に入りの車が妥当な価格かということを確認することが大切なポイントです。中古車の販売価格は、車メーカーや車種の人気や希少性、年式や走行距離、車のコンディションなどから相場価格が形成されています。そして、中古車販売店によって、価格設定が異なることもあるため、同じ車種でも値段が違うことも多いです。相場価格の調査不足ですと、中古車の購入後に「違う店ではもっと安く売られていたのに」とがっかりすることも。ですから、あらかじめ購入予定の車の相場価格はよくリサーチしておくことが重要になります。

中古車販売が開始された歴史は古く、1898年にアメリカのニューヨークでエンパイヤ・ステート・モーターワゴン社という会社が世界で最初に販売を開始したと言われています。